心斎橋アセンス BOOK STORE

そう書いてあった:益田ミリ(限定サイン本)

そう書いてあった:益田ミリ(限定サイン本)


 アセンスオンラインショップ
  •  アセンスオンラインショップ
  •  アセンスオンラインショップ
販売価格 1,620円(税込)
    SOLD OUT

特定商取引法に基づく表記 (返品など)

そう書いてあった:益田ミリ(限定サイン本)

益田ミリ / ミシマ社 / 2015年4月23日 / 四六判上製 / 200ページ

★ 当商品は限定サイン本です ★
著者・関係者の皆様のご好意により、サイン本を限定数ご用意することが出来ました。
数に限りがございますので、ご希望の方はお早めにどうぞ!


わたしの中の「あの子」が騒ぐ。
「夕焼けだんだん」「週末の自動販売機」「お母さん、心配?」「ひみつのお手伝い」「おかしなパンツ」「門限のない国で」「夜のドラえもん」「ノージェスチャー ノーライフ」「そう書いてあった」......珠玉の49編。
大人の国で生きることのもどかしさ、切なさ、美しさを綴った、魅惑のエッセイ集。
「朝日新聞」好評連載「オトナになった女子たちへ」収録。

装丁:クラフト・エヴィング商會



益田ミリ(ますだ・みり)
1969年大阪府生まれ。イラストレーター。
主な著書に、『ほしいものはなんですか?』『みちこさん英語をやりなおす』『そう書いてあった』『脚本版 ほしいものはなんですか?』(以上、ミシマ社)、『週末、森で』(幻冬舎)『お茶の時間』(講談社)、『僕の姉ちゃん』(マガジンハウス)、『沢村さん家のこんな毎日』(文藝春秋)、『せいのめざめ』(共著、河出書房新社)、『泣き虫チエ子さん』シリーズ(集英社)、絵本『はやくはやくっていわないで』(第58 回産経児童出版文化賞受賞)『だいじなだいじなぼくのはこ』『ネコリンピック』『わたしのじてんしゃ』(以上、平澤一平・絵、ミシマ社)、『すーちゃん』シリーズ(幻冬舎)は2012年に映画化された。


心斎橋アセンス(アウラの部屋)にて、特別企画展を開催!
▼ 詳細はこちら ▼